>>Home

INTERVIEW
意訳、誤訳は御容赦
正しい内容を知りたい方は↓のソース元へ 日付けは現地時間


Inter official site RAI Sport LA GAZETTA DELLO SPORT kataweb sport SoccerAge la web deportiva Uruguaya









 02 9 25  "ABBIAMO VISTO L'INTER....." inter official siteより
29日のキエーボ戦後のインタビュー
「今迄の試合よりは良かった。3バックにしたせいで序盤ちょっと問題があったけどヴィエリにたくさんチャンスを作ったしこの勝利は当然の結果だ。僕らは心底勝利を望んでいることを示した。モジュールじゃなくメンタルの面でこれは理想的な打開策だったと言えるだろう。」




 02 9 25  "Finche si vince va tutto bene......" inter official siteより
25日のアヤックス戦後のインタビュー
「インテルは苦悩する運命なんだ。僕がここで過ごした5年間は苦しみの連続だった。でも僕らは良い結果を残すため一生懸命やってきた。 批判? 勝ちさえすればいいんじゃないの。試合内容がよくないと言われてるけど 1試合で6ゴールあげるより6つの勝ち星をあげるほうがいいだろ。まあ確かに今日のゲームは良く無かったな、改善の余地ありだ。」




 02 9 23  "LA REGGINA NON ATTACCAVA" inter official siteより
23日にピネティナで行われた記者会見

レッジョカラブリアでの結果についてどう感じていますか?
「インテルはあまりよくなかったと言われてるようけど・・・レッジーナのようなチームは負けてもプレスから何も言われない・・・でもインテルは違う、常に勝たなくては。」

ビッグチームなら点差をつけて試合を終えるべきだと言われてますが・・・
「昨日の試合について言うならレッジーナは引いていたので僕らはあまり攻撃できなかった。でも勝った。もしレッジーナがカウンターのチャンスを与えてくれてたら(=もっと攻めていたら)そうできたはず。でも彼等は攻めてこなかったんだよね。」

リスクを冒す必要はなかったと?
「そう。ただ たくさんの試合を抱えているこの時期に早めに試合を決めてしまわなかったのは残念だ。レッジーナのGKが2つもグッドセーブしたしね。多分水曜のアヤックス戦ではもっと疲労するだろうな」

あのPKについてはどう思っていますか?
「正当なものだと思う。もしインテルが負けてたらPKじゃなかったと言ったかもしれないけど・・・
(正直なヤツ!*duneつっこみ)ファビオはとてもよくやってたから残念に思う。試合の前に彼は僕がゴールを決めそうだと言ったんで じゃ(決めたら)駆け寄るよと言ったんだ。そうしたよ。そのあとみんなに祝ってもらっった。Rastellはよくやったけど僕らはすぐに逆転しちゃったんで彼にとっては不運だったね」

クーペル監督がメンバーを発表した時驚きましたか?
「驚かなかった。監督は普段からみんなにいつでもプレイできる状態にしておくようにと言ってるから。オカンはしばらく試合に出ていなかったけどとても良かっただろ。エルナンも控えに回ることに不満はなかった。3人ストライカーがいる時はローテーションしたほうがいいからね」

ターンオーバー制に文句はない?
「今日はレコバが不服を言ったとされ、明日はクレスポが不満を抱いていると言われたりする。僕が会長に電話で監督の悪口を言ったとまで書かれたり・・・ でも誰もリヴァウドがミラネッロ(ミランの練習場)に残されて不満がってるとは書かないんだ。おかしな話だよ。事実とは違ってる。おかげで僕らはいちいち否定してまわらなきゃならない。誰が出て、誰が出ない、とか誰がウイングをやるのかとか・・・そういうことにはこだわらず僕らは前進するべきだ。監督は正しいな・・ファンは内容より結果を求めるものだ。リーグ戦での2試合、トリノ戦では攻めきれなくて、レッジーナ戦は内容で相手が上回っていたけどどちらもインテルの勝利だった・・・」

アヤックスは70年代のスーパーチームではなくなっていますが それでもまだ強いチームです。どんな試合になると考えていますか?
「アヤックスはスポルティング・リスボンに似ていると思う。でももっと強いだろう。ボールキープに優れてて攻撃的だ。オランダリーグを見たけど他のチームとは大きな差があった。要注意チームだね。手強い相手だけどホームだし絶対勝たなくては。」

昨日はセカンドストライカーとしてどう働きました?
「違うやり方をしてた。でも水曜日はトリノ戦の時のようにヴィエリとクレスポと一緒にプレイしたい。でも多分僕は外されるだろうな。僕はまだCLではスタメンで出たことが無いからホントは出たいんだけど・・我慢するさ。監督が決めることだしメンバーから外れなくちゃならないんだったら外れるよ。何も問題は無いね。」

昨シーズンのスタートと比較してどうですか?
「僕が出場停止だったことは置いておいて・・・チャンピオンズリーグでプレーすることはとても精神面に影響を与えると思う。(以前は国内の)リーグ戦のことだけを考えていたが 今はヨーロッパで挑戦し、勝たなくてはならない。3日おきに試合がある、これは大きな違いだ。でもそれっていいことなんだ-試合をすることが一番選手にリズムを与えることだからね。」

昨シーズンの同じ時期より2ポイント上回っていますが
「インテルは昨シーズンより多くの勝点を稼ぐ必要がある。スクデットを争うチームも降格争いをするチームも昨シーズンとは大きく違うようだ。モデナがオリンピコでローマに勝つようなことが常に起こるかもしれない。だから優勝するためには昨シーズンより多く勝点が必要になるはずだ。」

現在のローマについてどう思います?
「難しい状況だね。トッティは不調だしローマはこの状況から抜け出るために正しい道を見つけなければならない。レアルのようなチームと対戦し、そしてモデナのようなボール回しの上手いチームにあたったたんでこうになったんだろう。僕らにとっちゃローマは直接のライバルだからありがたいことだけど。」

6ポイント差はハンディキャップになると?
「うん。さっき言ったように今シーズン優勝するにはより多くの勝点が必要になるはずだ。でもまだ2節終わっただけ。リーグ戦はまだまだ続く。」

-ヴィエリはなぜ(レッジーナ戦の)あのファンタスティックなゴールを祝ってくれなかったんですか?
「アウェイでインテリスタがほとんどいなかったから・・・・というのは冗談。ゴールを決めたあと大声で叫ぶ選手もいれば淡々と戻って行く選手もいる。結果に対してはそれぞれ思うことがあっただろうけど 昨日チケットを買ってあの試合を見てた人は皆あのゴールに満足してくれたと思う。インテルのストライカーはより多くのゴールを上げる義務がある。あの時はFWは3人だけだったけどカロンとヴェントラも戻ってくる。ストライカーである限りゴールをあげていかなくては。」




 02 9 22 "NON POTEVAMO BUTTARE VIA I TRE PUNTI" inter official siteより
レッジーナ戦直後のインタビュー
「レッジーナは惜しかった、ファンタスティックな試合をしてた。同点にされた後僕らはチャンスをうまいこと生かしたんだ。」
「僕らは90分がんばった。だからロスタイムに入っても諦めなかった。 今僕らは水曜の大事な試合(アヤックス戦)のために体を休ませることだけを考えてる」




 02 9 17 "PER ME SIAMO I PIU FORTI" inter official siteより
ローゼンボリ戦を控えてのインタビュー
「勝てる、勝ちたい! アウェイ戦を落とさずにミラノに戻ることが大事だろう。ローゼンボリはホームでは攻撃的に来るからスペースができる、そこを突いていけば僕らに勝機がある。グループDは各国のチャンピオンばかりだ。僕はインテルこそが1番だと思うけど それを(試合で)証明しなくちゃね。」




 02 9 12 "BISOGNA CORRERE, LOTTARE E SEGNARE" inter official siteより
この日練習場で行われた記者会見のもよう

クレスポが加わってから 世間ではクレスポ&ビエリのコンビについてばかり語られていますが気になりますか?
「クレスポは来たばかりだし皆が話題にするのは当たり前だよ。彼は偉大なストライカーだ。きっとうまくやるだろう。まぁ僕は彼より長くインテルにいるわけだけど 一番重要なのはピッチ上で良いプレイをすることだ。それ以外のことは気に止めていない。」

3人が一緒にプレイする可能性は?
「より攻撃的に行く必要が出来たら有り得るだろう。この土曜にもあるかもしれない。それとカロンとヴェントラも戻ってくる。3つの試合があるから皆同等に出場のチャンスがあるはずだ。」

昨日ココがレコバ、ヴィエリ、クレスポの3人が同時にプレイする可能性について言及しましたが
「皆 攻撃的なサッカーをしようと試みる。危険だが敢えてその危険を犯す。3人のストライカーを投入したら絶対得点をあげなくてはならない。でも実はどのチームもいつもFWが一人だけの時に得点をあげているんだ。」

イタリアのフットボールが攻撃的なスタイルに変わってきていると思いますか?
「ちょっとだけ自分のためにそう思いたい。ミランがやろうとしていることには驚かされたよ。あそこは質、量ともに大きな補強をした。イタリアでは攻撃的なゲームをするのは非常に危険なんだ。どのチームもカウンターアタックが上手いからね。」

(今季)リーダーとしてプレイしようと考えていますか?
「あの5月5日の出来事の後、僕らは言葉もなかった。昨シーズンを共に過ごしたチームとファンはあの出来事をけっして忘れないだろう。だからこそ今季は上手くやりたいんだ。リーダーになる素質を持っていなければリーダーにはなれない。でも(リーダーにならなくても)チームのためにいいプレーをすることはできる。それが僕のやりたい事、やるべき事なんだ。」

ここ数年あなたには色々な出来事がありました。今後 あなたは偉大なプレーヤーを目指す?
(原文
hai voglia di diventare un grande giocatore, il grande giocatore? 不定冠詞付きと定冠詞付きで聞いている)

「昨シーズン 僕はそれまで無かった事をたくさん体験した。残念ながらあの最後の45分、僕らには欠けているものがあった。それであの結果に終わった。走る事、闘う事、そして得点をあげる事ーすべてを今僕らは可能にしなくちゃならない。僕は5年もインテルにいるのにまだひとつもタイトルを捧げていない。今季僕は偉業を遂げる。でもそれはピッチの上で示すべきことで ここで口にすべきことじゃないね」
(言っちゃってるじゃん!*duneツッコミ)

(ティフォシは)あなたに対しては常に愛情と憎しみが・・・
「まあね。でも今シーズンはなんとか和解したい。去年でかなり良くなったと思うし。パスミスしたり1シーズンで6つか7つしかゴールを上げられなかったら僕だって怒るよ。今シーズンはそういう不快なことが無く終わりたいね。」

コンディションはどう?
「いいよ。完璧だね。チームトレーナー、会長、その他のスタッフを信頼している。スポルティング戦では60メートル走ったよ。キャプテンマークを付けて・・・みんな喜んでくれた。今季はよいシーズンになると思う。僕が言えるのはこれだけ。でも目標はスクデットとCLだ。」

ミランが優勝候補No.1に上げられていますが
「確かに優勝候補の一つだろう。ミランを『選手のショー(見せ物)』と称してる新聞もあるけど、移籍が成功だったかどうかはサンシーロでのゲームを見れば分かるはずだ。優勝候補には他にユーヴェとローマが上げられるだろう。」

新加入の選手で誰が良いと思いますか?
「僕にとってはモルフェオが一番だったね。クレスポやカンナヴァロの名前をあげるのは簡単だけど モルフェオには衝撃を受けた。彼が素晴らしい選手なのは知っていたけどMFとしてあれほどのものを持ってたとは」

リヴァウドのミラン加入についてはなにか?
「彼はバルセロナで既に実績を残している。いい選手がイタリアに来たことは素晴らしいことだ。でも上手くは言えないけどスペインとイタリアのサッカーには大きな違いがあると思う。僕とリヴァウドが似てるって?似てるとすればFKが得意なことくらいかな。彼は足は早いほうじゃないけど強烈なシュートを持ってる。」

グーリーが怪我をしたためにまたあなたが左サイドに入るのでは?
「大丈夫。今シーズンはまだそこでプレイしていないけど準備はできてる。昨シーズンのプレイには満足している。皆調子がいいし3人で一緒にプレイする時が来たら僕は喜んで左に入るよ。」

シーズン前のトレーニングはいかがでしたか?
「この2年のうちで一番いいトレーニングが出来たよ。これまで代表チームや他の理由でなかなかちゃんと出来なかった。今シーズンは最初のうちは別としてずっとチームと一緒だったし まったく問題無いね。」





 02 9 7 "CRESPO FORTISSIMO" inter official siteより
02'-'03最後のプレシーズンマッチとなったAtalanta戦で2ゴールを上げたレコバ。
「いいゴールを二つ決められて嬉しい。連続得点を望んでたし どうしても決めたかったんだ。クレスポとの完璧なコンビネーションで生まれた2点目が特に良かった。彼はホントに強くてしかもちょっと一緒にプレイしただけでお互いによく分かり合えるんだ。 これでプレシーズンマッチは終了、土曜日から本番がスタートだ」




 02 9 5 Gazzetta dello Sportのインタビュー inter official siteより
この日に出たGazzetta dello Sportのインタビュー記事
モラッティ会長になってからのインテルで今季が最強と言われていますが
「本当にそうなのかは試合をしてみないと分からないよ。確かに今季のチームは完璧だ。どのチームとも対等に戦うことができるだろう。僕らはもうリーグ戦でもチャンピオンズリーグでも 最後の最後まで戦う準備ができてるってことさ。」

クレスポが加入したことに対して不安はありませんか?
「クレスポ加入を憂うべきは他チームだろ。ロナウドが抜けてチームにはワールドクラスのストライカーがもう一人必要になったけどクレスポなら絶対だよ。」

それ以外の武器は?
「僕らは同じ目標に向って一段と結束を固めた。ロナウドの問題をやり過ごし、チャンピオンスリーグの1次リーグに集中するためには強いチームスピリットが不可欠だ。」




 02 9 1 ダービーとCLのゴールについて inter official siteより
この日の夜サンシーロで行われるInter-Milanのチャリティーマッチについて
「勝敗はさほど問題じゃない。確かにダービーではあるけどこの試合には違う意味があるんだ。あの事故*の被害者家族のためにたくさんの人にスタジアムへ足を運んでもらうことが一番の目的だよ。」

チャンピオンズリーグで決めたヘディングシュートについて
「(頭で決めたのは)インテルでは初めてだ。ウルグアイではあったけど・・・・どんな形でも決めることが大事だよね」

*この試合は2001年10月8日に118人の生命を奪ったリナ-テ空港での事故の被害者のために行われた。この日の収益の50%はミラノ市議会へ、残り50%は被害者の家族へ贈られることになっている。




 02 8 8 モレッティビール杯後 inter official siteより
カンナヴァロ加入について
「カンナヴァロが来たなんてスゴイよ。ヤツは世界の中でも屈指のディフェンダーだ。これでインテルはチームとしてより成熟するだろう。」
チェルシー戦、ユーヴェ戦を振り返って
「チーム全体が良いコンディションだ。僕自信もイイ感じで 脚もよく動いてる。


 02 7 28 BOLTON戦後 その2 inter official siteより
「すっげー良かった。でもこの試合結果やゴールを挙げたこと自体はさほど重要じゃない。僕達には他の目標があるからコンディションを上げていかないと」
レコバのアシストで1ゴールを挙げたコッラーディとの賭けについて
「コッラーディには一杯奢ってもらわなきゃね。」
「僕はよく(プレイが)利己的だと言われるけど ホントはそうじゃない。コッラーディがペナルティエリア内でいい動きをしたからこそ僕はいいボールを出せたんだ。誰が、じゃなくて得点を挙げるということが大事なんだ。」





 02 7 28 BOLTON戦後 その1 inter official siteより
「めっちゃハッピー! いいプレイが出来たよ。これは(シーズン前の)トレーニングが上手くいってるってことだよね。全然疲れないしさ これって大事! でも一番重要なことはチャンピオンズリーグまでにいい状態に持って行くこと。大事な試合だし 絶対に失敗は許させない。タフな試合になるだろうな。でも僕らはリーグ戦でもがんばらなきゃ。会長とファンのためにね」





 02 7 27 CL drowの後 inter official siteより
チャンピオンズリーグ予備戦の相手がSporting Lisbonに決定したあとのインタビュー

「この試合は僕にとって(2年前の出来事から)立ち直るいい機会になるだろう。ヘルシンボリ戦の時の悔しさはまだ消えてないよ。明日は僕の今シーズン初の試合になるからいいプレイをしてコンディションを上げていきたい。」